富士山河口湖音楽祭 ぱんだウィンドオーケストラ ​コンサート in バーチャルシテラシアター

LATEST NEWS

仮想空間での​芸術体験。

ART EXPERIENCE ON VIRTUAL REALITY.

「バーチャル藝大」第2弾は、河口湖ステラシアターと東京藝大卒のサクソフォン奏者・上野耕平さんのご協力のもと、音楽活動の継続に挑んでいます。上野さんがコンサートマスターを務めるぱんだウインドオーケストラのコンサートを、前回好評だった5台のカメラを進化させ、22台のカメラを禁断のステージ上に配置し、収録を行いました。このカメラでは、パート別に近接の画像が見られるだけでなく、パート別の音声(オンマイク)を楽しむことができます。本番中の個々の演奏者のしぐさや息づかいをはじめ、楽器調整なども、世界で初めて間近で楽しむことが可能になりました。また、感動の測定として、東京工業大学COI拠点などとの連携研究を進めます。

バーチャルコンサートを楽しむための「3つのモード」

  • 5ch Multiangle Movie
    5ch Multiangle Movie
    with Director's View
    ステージを取り巻く5つのカメラから撮影されたハイクオリティー映像を、まるでディレクターになったような視点で、自在に切り替えながら視聴いただけます。
    従来のテレビやDVD、動画サイトなどの映像コンテンツとは違った、新しい音楽視聴スタイルを体験してください。

    ★ アンコールを含む全8曲を収録
  • Performer's View System
    Performer's View System
    with Board
    22台のカメラが間近にとらえた各パート演奏者の4K映像を、自在に切り替えながら視聴いただけます。
    また、映像だけでなくカメラと同位置で録音された音源が使用され、まさに演奏者の眼前の「音」が体験可能です。
    "with Board" バージョンではステージでのパート配置図からカメラ位置が選択できます。

    ★ アンコールを含む全8曲を収録
  • Performer's View System
    Performer's View System
    with Panorama
    "with Panorama" は "with Board" と同じ映像リソースを使用し、より高度で先進的なUXを提供するアドバンスバージョンです。
    ステージ全体の映像から任意の演奏者が選択可能なダイレクトなUIをはじめ、SNSリンクなどの演奏者情報表示機能など、様々な機能が盛り込まれています。

    ★ 全5曲を収録

This is our NEW Event!!
富士山河口湖音楽祭
ぱんだウィンドオーケストラ
​コンサート
with 上野耕平

MT.FUJI KAWAGUCHIKO MUSIC FESTIVAL
2021 AUGUST 14, SATURDAY

MAIN CAMERA by8K camera
5ch MULTI ANGLE VIEW SYTEM × by 5cameras​
PERFORMER's VIEW SYSTEM × 22performer's cameras


《出演》
ぱんだウインドオーケストラ

コンサートマスター:上野耕平
指揮:石坂幸治

《曲目》
1.Pandastic!! [作曲:前久保諒]
2.僕らのインベンション [作曲:宮川彬良]
3.たなばた [作曲:酒井格]
4.万霊節 [作曲:R.シュトラウス/編曲:A.デイヴィス]
5.吹奏楽のための第1組曲 [作曲:ホルスト]
6.アルメニアン・ダンス パート1 [作曲:A. リード]
7.アルメニアン・ダンス パート2 [作曲:A. リード]
8.宝島 [作曲:和泉宏隆](アンコール曲)

※なお、Sチケットでご覧いただける、22台カメラで収録のパフォーマーズビュー・システムについては、1〜5曲目を完全収録、6,7,8曲目については、一部8Kカメラから切り出した映像でのお届けになっておりますので、指向性の高い音源でない画角もあることを予めご了承くださいませ。
※本公演の収録に際しては、演奏時以外のマスクの着用、消毒・検温(非接触型)の徹底、一週間前からの体調管理および検温等、COVID-19の感染拡大防止対策をとった上で行なっております。

《チケット料金》 
Aチケット*:1500円(5チャンネル選択可能)
Sチケット**:2500円(Aチケット+1000円)

*5チャンネルマルチアングル配信によるコンサート動画がご視聴いただけます。
**5チャンネルマルチアングル配信によるコンサート動画と、22台のカメラが各パートの演奏者を間近にとらえたパフォーマーズビュー動画が視聴いただけます。
また、11月1日公開予定の22台パフォーマーズビューシステムACT2(another version)もご視聴いただけます。(ダンゼンお得!!)

《配信期間》
2021年10月15日(金)12:00〜2021年12月15日(水)12:00 
→チケットご購入の方は、配信期間中見放題!!

《注意事項》
・「パフォーマーズビュー・システム(パート別22アングル)」をご視聴になりたい方は「Sチケット」をご購入ください。
・「Aチケット」を「Sチケット」にアップグレードする商品はありません。「パフォーマーズビュー・システム」をご視聴になりたい方はあらかじめ「Sチケット」をご購入ください。
・本取り組みは実証実験となっております。皆様のご意見を伺いながら、改訂、進化させながら期間中も開発を進めて参ります。開発に協力する目的でコンテンツを視聴いただけますようお願い申し上げます。
・ パフォーマーズビュー・システムは曲目1〜5を完全収録。6,7,8については、一部の映像が8Kカメラから切り出してのお届けになっておりますので、指向性の高い音源でない画角もあることを予めご了承ください。

*11月1日にパフォーマーズ・ビューシステムACT2 (another system) 公開予定。Sチケットご購入の方はこちらもご視聴いただけます。

上野耕平
みなさん、こんにちは。サクソフォン奏者の上野耕平です。わたくしがコンサートマスターを務めるぱんだウィンドオーケストラ、富士山河口湖音楽祭での演奏を皆さんにご覧いただければと思います。現代だからこそできる、新しい音楽の楽しみ方、今まで観たかったあの映像も、あの映像も見れると思います。こうやって音楽の楽しみが皆さんに広がっていければ、本当に嬉しいです。是非みなさん、楽しんでご覧ください。 

コンサートマスター 
上野耕平

ぱんだウインドオーケストラ

ぱんだウインドオーケストラ

 吹奏楽へのアツイ思いを原動力に2011年、東京・上野の東京藝術大学入学生を中心に結成。楽団名は時を同じくして上野にやってきた二頭の “パンダ” に由来。メンバーは、2015 年の大学卒業後も続々と国内外のコンクールで入賞を果たしているほか、プロの演奏家として各方面で活躍中。 まさに次世代を担う管打楽器プレイヤーがそろう新進気鋭の吹奏楽団である。テレビ朝日「題名のない音楽会」やNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」のほか、テレビ・雑誌・新聞などメディアの出演も多数。これまでに山下一史や山田和樹、ジョナサン・ヘイワードなどの指揮者との共演を重ねており、これまでに「PANDASTIC!! Live2016」(日本コロムビア)など6枚のCDをリリース。メンバーの平均年齢は25歳。新時代の吹奏楽団として幅広い活動を続け、吹奏楽界に新しい風を巻き起こしている。 

 

official website: http://www.pandawindorchestra.com/

上野耕平(コンサートマスター)

 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。サクソフォーン奏者。第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において、史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。2014年第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて第2位を受賞。デビュー以来、常に新たなプログラムにも挑戦し、サクソフォンの可能性を最大限に伝えている。 現在、国内若手アーティストの中でもトップの位置をしめ、演奏活動のみならず、NHK-FM「×(かける)クラシック」の MCや、テレビ「題名のない音楽会」「情熱大陸」など、メディアへの出演も多い。またサックスカルテット「改訂サクソフォーン四重奏」のコンサートマスターとしても活躍中。音楽以外にも鉄道車をこよなく愛し、深く追求し続けている。受賞歴は、2017年第28回出光音楽賞、2018年第9回岩谷時子賞奨励賞など多数。現在は昭和音楽大学の非常勤講師。 

 

official website: http://uenokohei.com 

Instagram

Twitter